マッカーサー

マッカーサー

Add: izolyzeb50 - Date: 2020-12-05 09:41:19 - Views: 5536 - Clicks: 256

第二次世界大戦が始まってからも主に予算不足が原因で、フィリピン軍は強化が進まなかったが、日独伊三国同盟が締結され、日本軍による仏印進駐が行われると、ルーズベルトは強硬な手段を取り、石油の禁輸と日本の在米資産を凍結し、日米通商航海条約の失効もあって極東情勢は一気に緊張した。継続的な日米交渉による打開策模索の努力も続けられたが、日本との戦争となった場合、フィリピンの現戦力ではオレンジ計画を行うのは困難であるとワシントンは認識し、急遽フィリピンの戦力増強が図られることとなった。マッカーサーもその流れの中で、1941年7月にルーズベルトの要請を受け、中将として現役に復帰(7月26日付で少将として召集、翌日付で中将に昇進、12月18日に大将に昇進)した。それで在フィリピンのアメリカ軍とフィリピン軍を統合したアメリカ極東陸軍の司令官となった。 それまでフィリピンに無関心であったワシントンであったが、ジョージ・マーシャル陸軍参謀総長は「フィリピンの防衛はアメリカの国策である」と宣言し、アメリカ本国より18,000名の最新装備の州兵部隊を増援に送るとマッカーサーに伝えたが、マッカーサーは増援より. 日本での権威を揺るぎないものとしたマッカーサーであったが、アメリカの対極東戦略については蚊帳の外であった。マッカーサーは蒋介石に多大な援助を与え、中国共産党との国共内戦に勝利させ、中国大陸に親米的な政権を確保するという構想を抱いていたが、蒋介石は日中戦争時から、アメリカから多大な援助を受けていたにも関わらず、日本軍との全面的な戦争を避け続けて、数千万ドルにも及ぶ援助金を横領するなど腐敗しきっており、中国民衆の支持を失いつつあった。民衆の支持を受けた中国共産党がたちまち支配圏を拡大していくのを見て、1948年にはトルーマン政権は蒋介石を見限っており、中国国民党を救う努力を放棄しようとしていた。マッカーサーはこのトルーマン政権の対中政策に反対を唱えたが、アメリカの方針が変わることはなく、1949年に北京を失った国民党軍は、1949年年末までには台湾に撤退することとなり、中国本土は中国共産党の毛沢東が掌握することとなった。 共産主義陣営との対立は、日本から解放されたのちに38度線を境界線としてアメリカとソ連が統治していた朝鮮半島でも顕在化することとなり、1948年8月15日、アメリカの. だからマッカーサーは生き延びれたのかと思いました。 - とむ:34:33 UTC 死んで行った人に謝れ - 銘無き石碑:59:25 UTC.

In the case of Douglas MacArthur, for example, he was officially General of the Army, but would often be called "Gensui" in Japanese. 後にマッカーサーでさえ、日本は自衛の戦争だったと明言しています。 にゃんこさんにはもう少し勉強して欲しいものです。 — mr. ダグラス・マッカーサー ダグラス・マッカーサーの概要 ナビゲーションに移動検索に移動ダグラス・マッカーサーDouglas MacArthurマッカーサー(1945年8月、フィリピン)生誕1880年1月26日 アメリカ合衆国アーカンソー州 リトルロック死没.

1913年に始まったメキシコ革命でビクトリアーノ・ウエルタ将軍が権力を掌握したが、ウエルタ政権を承認しないアメリカのウッドロウ・ウィルソン大統領と対立することとなったため、ウエルタに忠誠を誓うメキシコ兵がアメリカ軍の海兵隊兵士を拘束し、タンピコ事件が発生した。アメリカはメキシコに兵士の解放と事件への謝罪、さらに星条旗に対する21発の礼砲を要求したが、メキシコは兵士の解放と現地司令官の謝罪には応じたが礼砲は拒否した。憤慨したウィルソンは大西洋艦隊第1艦隊司令フランク・F・フレッチャーにベラクルスの占領を命じた(アメリカ合衆国によるベラクルス占領(英語版))。 激しい市街戦により占領したベラクルスに レオナルド・ウッド(英語版) 参謀総長は増援を送り込んだが、歩兵第2師団の第5旅団に偵察要員として、当時大尉であったマッカーサーを帯同させた。マッカーサーの任務は「作戦行動に有益なあらゆる情報を入手する」といった情報収集が主な任務であったが、マッカーサーはベラクルスに到着した第5旅団が輸送力不足により動きが取れないことを知り、メキシコ軍の蒸気機関車を奪取することを思い立った。マッカーサーはメキシコ人の鉄道労働者数人を買収すると、単身でベラクルスより65km離れたアルバラードまで潜入、内通者の支援により3両の蒸気機関車の奪取に成功した。その後、マッカーサー自身の証言では追撃してきた騎馬隊と激しい銃撃戦の上、マッカーサーは3発も銃弾が軍服を貫通するも無傷で騎馬隊を撃退し、見事にベラクルスまで機関車を持ち帰ってきた。マッカーサーはこの活躍により当然名誉勲章がもらえるものと期待していたが、第5旅団の旅団長がそのような命令を下していないと証言したこと、また銃撃戦の件も内通者のメキシコ人以外に証人はおらず信頼性に乏しいことより、名誉勲章の授与は見送られ、マッカーサーは失望することとなった。 その後にマッカーサーは陸軍省に戻り、陸軍長官副官・広報班長に就いた。1917年4月にアメリカがイギリスやフランス、日本などとともに連合国の一国として第一次世界大戦に参戦することが決まった。アメリカは戦争準備のため急きょ1917年5月に選抜徴兵法を制定したが、徴兵部隊が訓練を終えて戦場に派遣されるには1年は必要と思われた。 マッカーサーはニュートン・ディール・ベイカー陸軍長官と共にホワイトハウス. According to the census, it has a population of 18,724 p. 1941年12月8日、日本軍がイギリス領マラヤで開戦、次いでハワイ州の真珠湾などに対して攻撃をおこない太平洋戦争が始まった。 12月8日フィリピン時間で3時30分に副官のサザーランドはラジオで真珠湾の攻撃を知りマッカーサーに報告、ワシントンからも3時40分にマッカーサー宛て電話があったが、マッカーサーは真珠湾で日本軍が撃退されると考え、その報告を待ち時間を無駄に浪費した。その間、アメリカ極東空軍の司令に就任していたブレアトン少将が、B-17をすぐに発進させ、台湾にある日本軍基地に先制攻撃をかけるべきと2回も提案したがマッカーサーはそのたびに却下した。 夜が明けた8時から、ブレアトンの命令によりB-17は日本軍の攻撃を避ける為に空中待機していたが、ブレアトンの3回目の提案でようやくマッカーサーが台湾攻撃を許可したため、B-17は11時からクラークフィールドに着陸し爆弾を搭載しはじめた。B-17全機となる35機と大半の戦闘機が飛行場に並んだ12時30分に日本軍の海軍航空隊の零戦84機と一式陸上攻撃機・九六式陸上攻撃機合計106機がクラークフィールドとイバフィールドを襲撃した。不意を突. ところでみなさんはダグラス・マッカーサーをご存知でしょうか。 ちょっと引用しますね 【ダグラス・マッカーサー】 ダグラス・マッカーサー(Douglas MacArthur、1880年1月26日 – 1964年4月5日)は、アメリカの軍人、陸軍元帥。連合国軍最高司令官を務めた。. マッカーサーの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。彼が厚木基地に降り立ってから、日本の戦後が始まった。その男.

1917年、第一次世界大戦へのアメリカ参戦が決まり選抜徴兵法を制定したが、徴兵された兵士が訓練を終えて戦場に出るまでに1年ほどかかるのが問題だった。 マッカーサーは州兵を市民軍としてフランスに派遣する案をウッドロウ・ウィルソン大統領に提出して採用され、どの州の州兵を派遣すべきかについては州兵局長ウィリアム・A・マン准将が「全26州の部隊で編成してはどうか」と述べ、マッカーサーも賛成し「虹のように様々な色(風土や性格)を持った兵士が、大西洋を渡りヨーロッパで戦う」と師団を表現した。編成された第42師団はレインボー師団と呼ばれ、マッカーサーが二階級特進して大佐となり、参謀長に就任した。 1918年2月、第42師団は西部戦線に配属され、精鋭部隊歩兵第2師団に次ぐ実績を上げた。マッカーサーは参謀長なのに前線に出たがり、常にヘルメットを被らず軍帽を被り、タートルネックのセーターに母の手編みのマフラー、手には乗馬鞭か杖という伊達者ぶりを発揮し非常に目立った。2回負傷し、国外からも含めて15個の勲章を受章した。 11月11日、第一次世界大戦が終結。. 1939年、第二次世界大戦が勃発。 1940年、日本軍が仏印に進駐したためルーズベルト大統領は日本の在米資産を凍結、石油禁輸を宣言し日米関係は緊張した。戦争になった場合、フィリピンの現戦力では心許ないため、戦力増強が図られる。 1941年、ルーズベルト大統領は東南アジア事情に詳しいマッカーサーの現役復帰を要請。7月26日付で少将として召集、翌日付で中将に昇進し、在フィリピンアメリカ軍とフィリピン軍を統合したアメリカ極東陸軍司令官となった。 マッカーサーの友人であるアメリカ陸軍航空隊司令ヘンリー・アーノルド少将はB-17のフィリピン集中配備を計画し、他にもA-24、P-40など207機の増援が約束され、マッカーサーは「日本との戦争が始まれば、アメリカ海軍は大して必要がなくなる。アメリカの爆撃隊は殆ど単独で勝利の攻勢を展開できる」と楽観した。 1941年12月8日、太平洋戦争が勃発。マッカーサーは真珠湾で日本軍が撃退されるものと考えてその報告を待ち、B-17による台湾攻撃を2度も却下し時間を無駄にした。. フィリピンの防衛の強化をワシントンに依頼していましたが第二次世界大戦は始まっても改善されませんでした。 しかし、第二次世界大戦で敵対する日本と戦争になった場合をワシントンは想定し、急遽、フィリピンの防衛強化がなされることとなります。 マッカーサーは1941年7月、中将として現役に復帰し12月には大将に昇進となり、アメリカとフィリピンの統合軍であるアメリカ極東陸軍の司令官となりました。 急遽、ワシントンによってフィリピンの防衛対策が強化されると、新兵器の大型爆撃機B-17、急降下爆撃機A-24、戦闘機P-40などが配備されます。 また海軍のアジア艦隊も強化され潜水艦23隻がワシントンから送られました。 このように日本に対する防衛はしっかり行われていましたが、一方、フィリピン軍の兵士たちは、共同訓練の経験がなく、また言語も違うためコミュニケーションをとることが困難な状況でした。.

マッカーサーと昭和天皇の会談は計11回に上った。第1回となった9月27日の会談は、昭和天皇を戦争犯罪人として位置づけるかどうかが国際的に. マッカーサーの最大の好意の表われでした。 人を動かすものとは何か、昭和天皇のお姿が、すべてを語っておられます。 日本がまな板の上に乗せられたあの時に、昭和天皇がいらっしゃったことは、日本人にとってどれほど大きな意味があったか、そんな. マッカーサーはghq民政局に憲法改正案の作成を指示することとなりましたが、 その際に出した三つの原則を出します。 これがマッカーサー三原則です。 憲法問題調査委員会による松本案に関しては、『憲法問題調査委員会と松本烝治による松本試案とは?.

この頃からマッカーサーはアメリカ大統領選に興味を持ち、1948年に予定されていた大統領選を見越して準備を進めていた。現役軍人は大統領になれないため、本国に日本統治の安定ぶりをアピールし、統治そのものを早く終わらせようとしていた。 1948年、マッカーサーは共和党から大統領選に出馬することを表明した。この際、日本中の新聞や商店にはマッカーサーの大統領選を応援する広告が掲載され、本国のニューヨーク・タイムズでも有力候補として紹介されるなど、その抜群の知名度により一気に有力候補となった。 だが、選挙になると党代表候補選でトマス・E・デューイに大敗を喫し、大統領への道は絶たれた。ちなみにデューイ候補も本選で現職大統領ハリー・S・トルーマンに破れている。. マッカーサー ( MacArthur または McArthur )は、英語圏の姓である。 マッカーサー (MacArthur) の Mac とは スコットランド・ゲール語 で息子を意味しており、アーサーの息子という意味である。�. 第二次世界大戦後に南北(韓国と北朝鮮)に分割独立した朝鮮半島において、1950年6月25日に、ソ連のヨシフ・スターリンの許可を受けた金日成率いる朝鮮人民軍(北朝鮮軍)が韓国に侵攻を開始し、朝鮮戦争が勃発した。 当時マッカーサーは、アメリカ中央情報局 (CIA) やマッカーサー麾下の諜報機関 (Z機関) から、北朝鮮の南進準備の報告が再三なされていたにもかかわらず、「朝鮮半島では軍事行動は発生しない」と信じ、真剣に検討しようとはしていなかった。北朝鮮軍が侵攻してきた6月25日にマッカーサーにその報告がなされたが、マッカーサーは全く慌てることもなく「これはおそらく威力偵察にすぎないだろう。ワシントンが邪魔さえしなければ、私は片腕を後ろ手にしばった状態でもこれを処理してみせる」と来日していたジョン・フォスター・ダレス国務長官顧問らに語っている。事態が飲み込めないマッカーサーは翌6月26日に韓国駐在大使ジョン・ジョセフ・ムチオがアメリカ人の婦女子と子供の韓国からの即時撤収を命じたことに対し、「撤収は時期尚早で朝鮮でパニックを起こすいわれはない」と苦言を呈している。ダレスら国務省の面々には.

日本の降伏の受け入れ方として、連合軍内でも様々な意見がありイギリスのルイス・マウントバッテン伯爵は、昭和天皇がマニラまで来てマッカーサーに降伏すべきと考えていたが、マッカーサーはそのような相手に屈辱を与えるやり方はもはや時代遅れであり、日本人を敗戦に向き合わせるために、威厳に溢れた戦争終結の儀式が必要と考えた。かつて、元部下のアイゼンハワーがドイツの降伏を受け入れるとき、ドイツではなくフランスの地で、報道関係者が誰もいない早朝に、ドイツの将軍らに降伏文書に調印させたが、マッカーサーはそれを全くの間違いと考えて、東京の地で世界のメディアが注目するなかで降伏調印式をおこなうこととした。 降伏調印式は、9月2日に東京湾上の戦艦ミズーリ艦上で行われることとなった。日本側全権・重光葵(日本政府)、梅津美治郎(大本営)ら11名の日本代表団はマッカーサーの待つミズーリに、駆逐艦ランズダウン(英語版)に乗ってやってきた。ミズーリにはイギリスやアメリカ、中華民国やオーストラリアなどの連合国代表のほかに、太平洋戦争初期に日本軍の捕虜となって終戦後に解放された、マッカーサーの元部下のウェインライト中将. . 1935年に参謀総長を退任して少将の階級に戻り、フィリピン軍の軍事顧問に就任した。アメリカは自国の植民地であるフィリピンを1946年に独立させることを決定したため、フィリピン国民による軍が必要であった。初代大統領にはケソンが予定されていたが、ケソンはマッカーサーの友人であり、軍事顧問の依頼はケソンによるものだった。マッカーサーはケソンから提示された、18,000ドルの給与、15,000ドルの交際費、現地の最高級ホテルでケソンがオーナーとなっていたマニラ・ホテルのスイート・ルームの滞在費に加えて秘密の報酬注釈 3 という破格の条件に興奮し、主に経済的な理由により軍事顧問団への就任を快諾している。 フィリピンには参謀総長時代から引き続いて、アイゼンハワーとジェームズ・D・オード両少佐を副官として指名し帯同させた。アイゼンハワーは行きたくないと考えており「参謀総長時代に逆らった私を懲らしめようとして指名した」と感じたと後に語っている。 フィリピン行きの貨客船「プレジデント・フーバー (S. 連合国軍最高司令官としての任務期間中、マッカーサー自身は1948年の大統領選挙への出馬を望んでいた。しかし、現役軍人は大統領になれないことから、占領行政の早期終結と凱旋帰国を望んだ。そのため、1947年からマッカーサーはたびたび「日本の占領統治は非常にうまく行っている」「日本が軍事国家になる心配はない」などと声明を出し、アメリカ本国へ向かって日本への占領を終わらせるようメッセージを送り続けた。 1948年3月9日、マッカーサーは候補に指名されれば大統領選に出馬する旨を声明した。この声明に最も過敏に反応したのは日本人であった。町々の商店には「マ元帥を大統領に」という垂れ幕が踊ったり、日本の新聞はマッカーサーが大統領に選出されることを期待する文章であふれた。そして、4月のウィスコンシン州の予備選挙でマッカーサーは共和党候補として登録された。 マッカーサーを支持している人物には、軍や政府内の右派を中心に、シカゴ・トリビューン社主のロバート・R・マコーミック(英語版)や、同じく新聞社主のウィリアム・ランドルフ・ハーストがいた。『ニューヨーク・タイムズ』紙もマッカーサーが有力候補であることを示し、ウィスコンシンでは勝利すると予想していたが、27名の代議士のうちでマッカーサーに投票したのはわずか8名と惨敗、結果はどの州でも1位をとることはできなかった。5月10日には陸軍参謀総長になっていたアイゼンハワーが来日したが、マッカーサーと面談した際に「いかなる軍人もアメリカの大統領になろうなどと野心を起こしてはならない」と釘を刺している。しかしマッカーサーは、そのアイゼンハワーのその忠告に警戒の色を浮かべ、受け入れることはなかった。 6月の共和党大会では、マッカーサーを推すハーストが数百万枚のチラシを準備し、系列の新聞『フィラデルフィア・インクワイアラー』の新聞配達員まで動員し選挙運動をおこない、マッカーサーの応援演説のために、日本軍の捕虜収容所から解放された後も体調不調に苦しむジョナサン・ウェインライトも呼ばれたが、第1回投票で1,094票のうち11票しか取れず、第2回で7票、第3回で0票という惨敗を喫し、結局第1回投票で434票を獲得したトーマス・E・デューイが大統領候補に選出された。 日本では、マッカーサーへの批判記事は検閲されていたため、選挙戦の情勢を正確に伝えることがで. マッカーサー家は元々はスコットランド貴族の血筋で、キャンベル氏族の流れを汲み、スコットランド独立戦争でロバート1世に与して広大な領土を得たが、その後は領主同士の勢力争いに敗れ、没落したと伝えられている。1828年、当時少年だった祖父のアーサー・マッカーサー・シニア(英語版)は家族に連れられてスコットランドからアメリカに移民し、マッカーサー家はアメリカ国民となった。 父アーサー・マッカーサー・ジュニアは16歳のころに南北戦争に従軍した根っからの軍人であり、南北戦争が終わって一旦は除隊し、祖父と同様に法律の勉強をしたが長続きせず、1866年には軍に再入隊している。1875年にニューオーリンズのジャクソン兵舎に勤務時に、ヴァージニア州ノーフォーク生まれでボルチモアの富裕な綿花業者の娘であったメアリー・ピンクニー・ハーディと結婚し、1880年に軍人である父の任地であったアーカンソー州リトルロックの兵器庫の兵営でマッカーサー家の三男としてダグラス・マッカーサーが誕生した。この頃は西部開拓時代の末期で、インディアンとの戦いのため、西部地区のあちらこちらに軍の砦が築かれており、マッカーサーが生まれて5ヶ月の時、一家はニューメキシコ州のウィンゲート砦に向かうこととなったが、その地で1883年に次男のマルコムが病死している。マルコムの病死は母メアリーに大きな衝撃を与え、残る2人の息子、特に三男ダグラスを溺愛するようになった。次いでフォート・セルデンの砦に父アーサーが転属となり、家族も付いていった。そのためダグラスは、幼少期のほとんどを軍の砦の中で生活することとなった。 その後も一家は全国の任地を転々とするが、1898年に米西戦争が始まると父アーサーは准将となり、スペインの植民地であったフィリピンに出征、マッカーサー家とフィリピンの深い縁の始まりとなった。戦争が終わり、フィリピンがスペインよりアメリカに割譲されると、少将に昇進し師団長になっていた父アーサーはその後に始まった米比戦争でも活躍し、在フィリピンのアメリカ軍司令官に昇進した。しかし、1892年に兄アーサーはアナポリス海軍兵学校に入学し、1896年には海軍少尉として任官し、弟ダグラスもウェストポイント陸軍士官学校を目指し勉強中だったことから、家族はフィリピンに付いていかなかった。 なお、ダグラスは幼少期、母メアリーによって.

1949年秋、毛沢東率いる中共軍が北京を占領し、蒋介石は台湾に追い出された。1950年6月に北朝鮮の侵攻により朝鮮戦争が勃発、マッカーサーも国連軍総司令官として参戦。ソ連製の兵器で武装した北朝鮮軍の猛攻で釜山に追い込まれ、苦境に立っていた国連軍と韓国軍であった。マッカーサーは共産中国を抑える目的にて8月台湾の蒋介石と会談を行ったが、これはトルーマン大統領を激怒させた。が、9月15日博打と言われた仁川上陸作戦を銃弾飛び交う前線まで自ら前線兵士を督戦すると、驚くべき程の成功で偉大な戦果をもたらし、9月にソウルを奪回すると、第八軍は釜山周辺も突破し、北朝鮮軍は潰走を始めた。ここで最前線で銃弾に倒れれば彼の伝説は華々しいものとなっていただろうが、現実は. See マッカーサー full list on historivia. ダグラス・マッカーサ― ( Douglas MacArthur 、 1880年 1月26日 - 1964年 4月5日 ) 注釈 1 は、 アメリカ の 軍人 、 陸軍 元帥 。 連合国軍最高司令官 、 国連軍司令官 を務めた。 コーンパイプ と服装規則違反のフィリピン軍帽が トレードマーク であった。. Cで退任演説を行った。約1時間半行われたマッカーサーの演説は、アジアに関する議論に大半が割かれた。アジアがいかに困窮し、戦争によって荒廃しているか、それにもかかわらず、そこがいかに今後重要になるかについて述べたのである。彼の演説は2分毎に議員たちの拍手喝采やスタンディングオベーションによって中断されたのである。彼は自分の部隊が増強されなかったことについて不満を述べ、前線司令官として課せられた制約を非難した。それで胸のつかえがとれたのか、彼な勇壮な別れのあいさつで堂々と演説を締めくくった。その時最後のフレーズである「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」は有名である。 彼は中国に対する軍事的、経済的圧力を強めること、アメリカによる蒋介石への兵站上の支援の立法化を求めた。しかし1951年の段階において、中国との戦争を支持するアメリカ人を見つけるのは簡単なことではなかった。そのような戦争において、中国の人口集中地区に対する核攻撃が唯一の勝利条件であったろう。しかし何百万人もの無辜の死が、朝鮮半島における一時的な後退に対する対応として適切とはいいがたかった。概してマッカーサーは中国に対してどう対処するのかについての手掛かりがなかったのである。トルーマン政府は彼の頭の混乱している状況をうまく利用した。マッカーサーは、ほぼ間違いなく第三次世界大戦を起こそうとしているタガの外れた指揮官と位置付けたのである。 国民的な人気は衰えておらず、ニューヨークで凱旋パレードをした際には、元部下のアイゼンハワー凱旋時の4倍にもなる700万人の市民が熱狂的な歓迎をしたと言われている。その後マッカーサーを解任したトルーマンは人気が急落、朝鮮戦争の苦戦が何故か全部トルーマンのせいにされ、全米各地でトルーマンを模した藁人形が焼かれるなどアメリカの憎しみを一身に集め、22%のアメリカ史上最低の大統領支持率を叩き出し、トルーマンは再選を諦めざるを得なくなった。 しかし5月3日よりはじめられた議会の朝鮮戦争に関する公聴会では、彼の評判を大いに落とすこととなった。マッカーサーは戦争の遂行の仕方に関する彼の提案はすべて統合参謀本部に認められたが、ホワイトハウスと国務省がそれを否定したと主張したのである。これには統合参謀本部のマーシャル将軍は議会で主要な反対証言を行った。五つ星の将.

日本統治を任されていたマッカーサーは大統領になることを目指していました。 しかし、現役軍人では大統領選に立候補することもできないので、マッカーサーは日本統治の安定ぶりをアピールし、統治そのものを終わらそうとしていました。 そして、退役軍人となり、共和党から大統領選に出馬することを表明しましたが、党の代表候補選の時点で大敗し、大統領になる道を断たれました。 その時はトルーマンが大統領に選ばれています。. . マッカーサーは日本人と関係を築く事がうまかった お互いの目的の共通点を見つけ出して自分達と同じ方向に日本人を向かせる事にある程度成功した 今で言うwin-winの方法を知ってたんだろうね 打倒、赤!は戦前戦後もずっと多くの日本人に引き継がれてる. 降伏調印式から6日経過した9月8日に、マッカーサーは幕僚を連れてホテルニューグランドを出発して東京に進駐した。東京への進駐式典は開戦以来4年近く閉鎖されていた駐日アメリカ合衆国大使館で開催された。軍楽隊が国歌を奏でるなか、真珠湾攻撃時にワシントンのアメリカ合衆国議会議事堂に掲げられていた星条旗をわざわざアメリカ本国から持ち込み、大使館のポールに掲げるという儀式が執り行われた。 その後、マッカーサーと幕僚は帝国ホテルで昼食会に出席したが、マッカーサーは昼食会の前に、帝国ホテルの犬丸徹三社長が運転する車で都内を案内させている。車が皇居前の第一生命館の前に差し掛かると、マッカーサーは犬丸に「あれはなんだ?」と聞いた。犬丸が「第一生命館です」と答えると、マッカーサーは「そうか」とだけ答えた。昼食会が終わった13時にマッカーサーは幕僚を連れて第一生命館を再度訪れ、入り口から一歩建物内に踏み入れると「これはいい」と言って、第一生命館を自分の司令部とすることに決めている。犬丸は自分とマッカーサーのやり取りが、第一生命館が連合国軍最高司令官総司令部となるきっかけになったと思い込んでいたが、マッカ.

マッカーサー

email: doxima@gmail.com - phone:(237) 576-1473 x 8164

氷上の王、ジョン・カリー - 四色の色鉛筆があれば ままごと

-> 熊川哲也 白鳥の湖
-> パリのスキャンダル

マッカーサー - スケートボード


Sitemap 1

シチズン バーンズ バーンズ美術館とバー - エクササイズ あなたもキレイにダイエット